最近流行りのアジャイル開発について考えたこと

プロジェクトマネジメントの書籍で、アジャイル開発のキーワードを見ることが多くなりました。アジャイル宣言を順守すると俊敏にシステムを開発できるとのこと。 アジャイル宣言 プロセスやツールよりも個人と対話を、包括的なドキュメントよりも動くソフトウェアを、契約交渉よりも顧客との協調を、計画に従うことよりも変化への対応を、 ア...

PMBOK第6版をプロマネが必ず読むべきだと思う理由について

今回は久しぶりにプロマネ関連の記事として、最近公開されたPMBOKガイドブック第6版について書きます。 #個人の感想なので、参考程度に読んでください。 PMBOKガイドブック第6版については、アジャイル開発に適用できるようになったとか、知識エリアの名称が変わったとか、色々な噂を聞いていましたが、正直、個人的には小難しい...

サイバーセキュリティ2017を読んで情報処理安全確保支援士の今後を考えてみた

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)よりサイバーセキュリティ2017が公表されました。 サイバーセキュリティ戦略本部 サイバーセキュリティ2017は「政府が2017年度に実施する具体的な取組を戦略の体系に沿って示したものである」と書かれており、サイバーセキュリティについての情報を得ることができます。 情報処理安...

TEDでサイバー犯罪の興味深いプレゼンテーションを見つけました

世界最高レベルのプレゼンテーションを見ることができるTEDで、サイバー犯罪の興味深いプレゼンテーションを見つけました。プレゼンテーターは、IBMで情報セキュリティを担当している方です。 サイバー犯罪というとマルウェアや不正アクセスの対策や被害に目が行きがちですが、その裏側のダークウェブ(ダークネット)の実態を知ることが...

サイバーセキュリティ対策についてランサムウェアの被害から考えたこと

データを暗号化し、復号するための条件として「身代金」の支払いを要求するランサムウェア「Wanna Cryptor」の脅威が全世界に広まっています。 WindowsOSの脆弱性が狙われ、感染するとネットワーク上のパソコンやサーバに被害が拡大します。 パソコン利用者の対策は通常のマルウェアと同じです。WindowsOSを更...

サイバーセキュリティ対策についてランサムウェアの被害から考えたこと

データを暗号化し、復号するための条件として「身代金」の支払いを要求するランサムウェア「Wanna Cryptor」の脅威が全世界に広まっています。 WindowsOSの脆弱性が狙われ、感染するとネットワーク上のパソコンやサーバに被害が拡大します。 パソコン利用者の対策は通常のマルウェアと同じです。WindowsOSを更...

プロジェクトマネジメントの資格 PMPの概要と取得方法について

プロジェクトマネジメントの資格として評価の高い資格にPMPがあります。PMPは難関資格といわれますが、実務経験が豊富なビジネスマンであれば、数ヶ月の勉強で合格できるといえます。 ということで、今回はPMPの取得を目指す方向けに、PMPの概要と取得方法をブログします。 PMPの概要 PMP(Project Managem...

サイバー犯罪捜査の知識体系 CIBOKが5月より販売開始されるとのこと

世界で活躍するサイバー犯罪捜査の専門家が、サイバー犯罪捜査の知識とスキルおよびトレーニングを定義した知識体系CIBOKが5月より販売開始されるようです。 サイバーセキュリティについての知識体系は既に存在します。経済産業省より情報セキュリティのスキル標準として公表されたITSS+(セキュリティ領域)や、国際的に知名度の高...

プロジェクトマネジメントの資格 PMP試験の教科書と問題集について

久しぶりにPMP試験についてブログします。 PMP試験の教科書や問題集などの学習ツールは、多くの種類が販売されているため、始めて受験する方はどれを使うと良いのか悩むと思います。 私は悩みました。そして、書籍4冊、androidアプリ1つ、試験対策サイト1つと、様々な学習ツールを利用しました。 学習ツールの中には、内容や...

情報処理安全確保支援士 ITSS+や監査人補など新制度や関連資格が公表されています

4月1日より情報処理安全確保支援士が誕生しました。 これを受け、情報処理安全確保支援士を取り巻く新制度や関連資格が公表されています。 情報処理推進機構(IPA)からはITSS+が発表されました。 ITSS+(プラス):IPA 独立行政法人 情報処理推進機構 ITSS+のセキュリティ領域について、情報処理安全確保支援士の...

error: Content is protected !!